プラス1ねた

日本を支える企業の社長や職人をメインに紹介!

ビールは何種類あるの?日本人は一種類しか知らない? カロリー吸収が少ないのはホント?

 

「お酒」と聞いてまず何を思いますか? 

 

飲み会の最初の飲み物と言えば「冷たいビール」

 

というイメージが定着している気がします。

 

ただ、ビール腹という言葉もあるように

飲み過ぎると太ってしまうかもと

心配されている人も多いでしょうね。

 

生ビールを大ジョッキでグビグビ

なんて考えると、やっぱり太りそうとも思えるのですが、

ビールって本当に太る原因になるんでしょうか?

 

そこで、ビールについて少し調べてみました。

 

ビールにはどんな種類があって、

どれぐらい飲むとカロリー過多となるのか

そんなアレコレを簡単にご紹介しますね。

 

 


  

スポンサードリンク
 

 

ビールって何種類あるの?

 

f:id:sinberu:20170215214311p:plain

http://s.eximg.jp/exnews/feed/Excite/bit/

 

私たちが飲んでいるビールのほとんどが

ラガービールだということ

ご存知でしたか?

 

いやいや、そもそもラガーって何?

 

ビールにはそんなに種類があるの?

 

という方のために大まかにビールの種類とその違いをご説明します。

 

ビールの原料は麦芽、ホップ、そして水です。

これらを発酵させることによって製造するのです。

 

また、麦芽、ホップ以外に

トウモロコシやジャガイモ、麦、米などの副産物を加えた

ビールもあり、副産物の量によっては発泡酒になります。

 

発酵させるにあたり酵母を加えるのですが、

この酵母の違いがビールに大きく影響します。

 

下面発酵酵母といって、酵母が発酵もろみの下に出るものを

使用するビールが、私たちが飲んでいるラガービールです。

 

上面発酵酵母という、上に酵母が出るものが

伝統的な製造法のビールで、

この方法で精製されたビールを

エールビールと言います。

 

エールビールは日本ではほとんどお目にかかりませんね。

だいたいがヨーロッパとかアメリカが多いようです。

 

 

f:id:sinberu:20170215214428p:plain

http://event-checker.blog.so-net.ne.jp/

 

ラガービールは冷やして飲まないと美味しくないのですが、

エールビールは常温でも美味しい。

 

ずっと以前に、イギリスの田舎で立ち寄った

自家製ビールのレストランで飲んだビールが、

冷えてないのにすごくコクがあって

日本のビールとは違う飲み物のように感じました。

 

長い間理由がわからなかったのですが、

あれがエールビールだったのでしょうね。

 

アメリカのレストランでも

ラガーとかエールとか

エールでも濃い味とかあっさり味とか

結構種類があります。

 

日本でも入手できるでしょうが

スーパーやコンビニではまだまだ

冷えたラガービールが主役ですね。

 

 

 

 

スポンサードリンク
 

 

ビールはカロリー吸収が少ない?

 

 

ところで気になるのがビールのカロリー。

 

冷たいビールを毎日飲んでいると

やっぱりカロリーオーバーになるんでしょうか?

 

缶ビール1本のカロリーは143、

毎日食べる白米お茶碗に7分目と

じつは同程度のカロリーなのです。

 

しかもその3分の2はアルコールなので、

グリコーゲンや脂肪質として体内にはたまりません。

 

なんだ、それじゃ毎日ビール飲んでも大丈夫だね

と安心される人も多いでしょうが、

晩ごはんに御飯だけ食べるわけではないように

ビールだけ飲んでいてもつまらない。

 

やっぱりおつまみ、欲しいですよね。

 

f:id:sinberu:20170215214545p:plain

https://scontent.cdninstagram.com/

 

アルコールには食欲を刺激する働きもあるので、

ついつい食べ過ぎてしまう。

 

それも揚げ物とかピッツアとか、

結構カロリーの高いおつまみが美味しく感じる。

 

それが曲者です。

 

さらに、やっぱりアルコールですから、

肝臓が一生懸命働いて分解、解毒、排出作業を行います。

 

そのために油ものなどの消化が滞りがち

そして溜まった脂質や糖質が太る原因にもなります。

 

適量のビールで、おつまみも野菜や魚など

消化がよくカロリーの高くないものを選ぶ。

 

これだけでも十分カロリーを抑える事が出来ます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

時には休肝日をもうけて

美味しいビールをゆっくり楽しむ!

 

そんなリッチな気分でお酒を楽しんでください。

 

 

 

 

スポンサードリンク