プラス1ねた

日本を支える企業の社長や職人をメインに紹介!

大人の理想の睡眠時間はどの位?長いとだるくなるのは何で?

 

 

f:id:sinberu:20170202184552p:plain

人は生きている時間の3分の1を何と睡眠に費やしているのです。

 

ウワッ!それってもったいない!

 

睡眠時間短くてもいいからもっとたくさんのことしたい、というあなたに

 

どうして睡眠が必要なのか、

 

大人のあなたで、どれぐらいの睡眠時間が理想的なのか、

 

調べてみました。

 

また、毎日深夜まで仕事したり勉強したり遊んだりして

休みの日に寝溜めしている人も多いですよね。

 

でも寝溜めって本当に体を休めることになるのでしょうか?

 

理想的な睡眠とその科学的な根拠をここで簡単にご紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
 

 

理想の睡眠時間は?

 

まず睡眠って何でしょうか?

 

一般的に知られている睡眠の効果とは

体と脳の疲れを取るために必要な休息タイムだということ。

 

寝ることで成長ホルモンが活性化して分泌を増し

脳と体の疲労回復、昼間に受けた心身のダメージの修復と再生を図ります。

 

生物学的には

眠りとは、周期的に繰り返す意識の喪失の生理的な状態といえます。

本当の失神と睡眠の違いは、外界からの刺激で覚醒するかどうかです。

 

f:id:sinberu:20170202184619p:plain

http://rules-of-success.jp/

 

 

さて、この睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があります。

 

一旦寝てしまったら、どういう眠りかなんてあまり関係がないようにも思いますが、

じつはこのレム睡眠とノンレム睡眠があなたの理想的な眠りの時間を決めるのに

大きな役割を果たしています。

 

レム睡眠

 

レム状態というのは、体は眠っているのですが、脳が覚醒の状態に近く、

朝の爽やかな目覚めを期待する人はこのレム状態のときに起きるのがいいとされています。

 

ノンレム睡眠

 

一方ノンレム状態では、体も脳も休んでいるので、

この状態のときに起こされるとまだ脳は半分睡眠状態であり、目覚めが良くありません。

 

入眠時はすでにノンレムの第1段階、

ここから第2、第3、第4のステージを経て、

あなたの眠りは本当に深くなります。

 

このノンレム睡眠の平均時間が60~80分ほど。

 

その後脳がまず起き出し、半覚醒のレム睡眠状態が10~30分ほど続きます。

 

つまり睡眠のワン・サイクルは個人差はあるものの70~110分、

このサイクルを4回から5回繰り返すのが大人にとっての理想の睡眠時間とされています。

 

 

 

スポンサードリンク
 

 

睡眠時間が長いと体がだるくなるのは何故?

 

f:id:sinberu:20170202184838p:plain

http://projectras.com/wp-content/

 

じゃ、たくさん眠ればたくさん疲労が回復するかというと

そう上手くはいきません。

 

長い眠りの状態では心身の疲労回復に必要なノンレム睡眠ではなく

レム睡眠状態が増えることになります。

 

脳が覚醒に近くなるというのは

つまりあなたの交感神経が働き出すことです。

 

まだ体は目覚めていないレム状態では、昼間の活動時にフル回転する交感神経も

まだ完全には活動体制に入っておらず、何となく不安定に働くことになります。

 

交感神経によって機能する血圧や脈拍もやはり不安定になり、

そしてその結果、血管や心臓にも負担がかかり易くなります。

 

事実、狭心症の発作の80%は、早朝のレム睡眠時に起こると言われています。

 

体調だけでなく脳にも影響があり、頭がぼんやりする、

ウツウツとして気が晴れにくいなどという状態にもなりやすいのです。

 

 

まとめ

 

人の遺伝子にはすでに

理想の睡眠システムが組み込まれています。

 

個人差があるのはそのためですが、

いずれにしても自分の睡眠のサイクルを知るのが

理想の睡眠時間を見つける最も確実な方法です。

 

レム、ノンレム合わせて1サイクルが90分とすると

あなたの睡眠時間は短くて4時間半、長くて7時間半ぐらい

 

夜11時に寝るとすると、

早い人で3時半、遅い人で6時半に起きれば

まずまず理想的な睡眠の長さでしょうね。

 

自分の身体の体内時計を確立して

出来れば決まった時間に寝て決まった時間に起きる

という生活習慣を身につけること。

 

長い睡眠は百害あって一利なし。

 

また、どうしても長い睡眠時間が取れない人には

短い昼寝も効果的です。

 

高い質と適正な時間、

それがステキな眠りを約束する秘訣です。

 

 

 

スポンサードリンク